アテネ国際毛皮見本市

国立毛皮工房バイヤーです。

先日、アテネ国際毛皮見本市でオーダーをするため、ギリシャに行きました。

!cid_1140537850-1

仕事柄、年に10回以上、海外出張致しますが、ギリシャは初めてです。
世界有数の観光地でもありますが、直行便がありません。航空会社により乗継場所は異なりますが、必ず一度は乗り継がなければなりません。
経費節減ということで最安値の便を予約し、日本時間の夜9時、トルコ航空のエコノミー席に乗り込みました。

それから2回機内食をいただき、13時間以上の退屈な時間を過ごし、現地時間の深夜3時過ぎ中継地トルコのイスタンブールに到着しました。
格安のエコノミーはラウンジなど使えませんが、幸いプライオリティパスが利用できましたので、ラウンジでビールを飲みながら本を読み、夜が明けた7時過ぎ、再び飛行機に乗り込みました。アテネに到着したのは朝9時。日本時間の午後4時です。

思えば、国立の会社を出発したのが前日の午後4時でしたので、あれから既に24時間が経過しています。
ホテルは空港の目の前で、チェックイン後間もなく、ギリシャ大使館一等書記官のマリオスさんが、迎えに来てくれました。
マリオスさんにエスコートしていただき、日本からの参加3社で見本市の会場を見学しました。
夜はファッションショーとパーティにもお招きいただき、現地時間の深夜12時、意識朦朧の状態でホテルに戻り、ベッドに倒れ込みました。

「世界は広い。タフでなければ通用しない。」
自らのひ弱さを痛感した一日でした。

アテネのお話の続きは、次回以降ご案内させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA