カストリアに雪は降る

カストリアに雪は降る

DSC_0002

 
本社オフィスの倉庫で見つけたポスター。
ギリシャで貰った、カストリアの冬の風景です。
折角なのでパネルに貼ってもらいました。
 
ギリシャの北西部は西マケドニア地方と呼ばれ、
標高も高く、本格的なスキー場もあります。
ギリシャは温暖というイメージしかなかった私も最初は驚きました。
先入観とは危険な色眼鏡だと痛感します。
 
周知の通りマケドニアは、
かのアレキサンダー大王やマザーテレサの出身地でもあり、
東欧の歴史を語るうえで避けて通れない要衝の地でもあります。
 
詳細は控えますが、西マケドニア地方は、マケドニア全体の、
面積にして半分程度を占める地域です。
その北部にあるオレスティアダ湖という湖の湖畔に広がる街がカストリアです。
古くから毛皮貿易の拠点でもあり、
今でも多くの毛皮職人が暮らしています。
 
湖を囲むように、建物が連なり、
その街並みに溶け込むように、
いくつかの老舗ブランドの工場が建ち並んでいます。
 
街の至る所でビザンチン帝国時代や、オスマン帝国時代の
歴史的建造物を観ることが出来ます。
建物の命は、人の命よりも長く、
この街の生々しい歴史を垣間見ることが出来ます。
 
余談ですが、衣食住という言葉を思い出してしまいます。
纏うという人の行為は、住まう、食す、という行為と無関係では無いはずです。
建築家、安藤忠雄さんの著書は、言うまでもなく、
建築についての深い洞察の書であります。
しかし、服飾の仕事に従事する私どもにとっては、
「人は、何故、衣を纏うのか。衣服とは何か」。
それを示唆してくれる、人間の行為のヒントの宝庫でもあると、私は勝手に感じています。
 
例えば、毛皮を纏うという人間の文化を、
現在という短い時間軸の価値観で全否定することは容易かもしれません。
しかし、過去の歴史や命を紡いでくれた祖先へのリスペクトさえない人が、
果たして、現在を評価し未来を決める資格があるのか。
そんなふうにも感じてしまいます。
 
ふと、孔子の言葉が脳裏をよぎります。
 
「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」。
 
自分と異なる価値観の人を全て完全に排除してしまうと、
最後は一人ぼっちになってしまいます。
何故なら完全に同じ人間などいるはずがないから。
 
価値観の異なる人同士が、互いに認め合い、共に暮らせる社会。
愛する子供や孫たちのためにも、そうあって欲しいと切望します。
 
さて、老舗ブランドの中の一つAVANTI FURSがそのブランドを立ち上げたのが1864年。日本では池田屋事件があった年です。
毛皮の加工をはじめたのが何時か、ということになりますと、時代は更に遠く遡り、関係者でも定かでないくらい、昔のことなのでしょう。
 
確かな事実は、AVANTI FURS以外にも、ビザンチン帝国の皇室に毛皮を納めていた小さな工房の職人の末裔達が、今もミシンを踏んでいるということだけです。
 
AVANTI FURSのブランドオーナーのLOUKASさんは、スーツが似合う長身で品格に満ちた紳士です。
 
同社の製品の多くがロシアをはじめ、主に欧米に輸出されているそうです。
その為、日本でその製品を見ることは稀で、あまり馴染みがありませんが、
イタリアのトップブランドが色褪せるような高品質の製品を数多く生産しています。
ロシアンセーブルフルシルバリーのロングコートがハンガー数十本分並んでいる様は、
まさに圧巻で、上には上がいる、世界は広いということを痛感させられます。
 
最近は、主だった毛皮フェアにも出展されはじめたようなので、
近い将来、日本でもポピュラーになるかもしれません。
 
また、日本でギリシャ製というと、セーブルのピースのプレート製品を見かけます。
廉価品と比較しますと、ピースの剥ぎ合わせとは思えない、
美しさがあり、軽やかで心地よい手触り感があります。
これも高級な原皮を数多く扱い、その良質な裁ち落としが豊富にあることと、
永い歴史に培われた技術があるからこその賜物なのでしょう。
 
実は、カナダやアメリカ、イタリアの毛皮工場で働いている職人の多くが、
ギリシャ系移民とその子孫です。
 
カストリアは中世の面影を残す、素敵な街ですが、
同時に世界の毛皮職人の故郷でもあります。

 

アテネ国際毛皮見本市

国立毛皮工房バイヤーです。

先日、アテネ国際毛皮見本市でオーダーをするため、ギリシャに行きました。

!cid_1140537850-1

仕事柄、年に10回以上、海外出張致しますが、ギリシャは初めてです。
世界有数の観光地でもありますが、直行便がありません。航空会社により乗継場所は異なりますが、必ず一度は乗り継がなければなりません。
経費節減ということで最安値の便を予約し、日本時間の夜9時、トルコ航空のエコノミー席に乗り込みました。

それから2回機内食をいただき、13時間以上の退屈な時間を過ごし、現地時間の深夜3時過ぎ中継地トルコのイスタンブールに到着しました。
格安のエコノミーはラウンジなど使えませんが、幸いプライオリティパスが利用できましたので、ラウンジでビールを飲みながら本を読み、夜が明けた7時過ぎ、再び飛行機に乗り込みました。アテネに到着したのは朝9時。日本時間の午後4時です。

思えば、国立の会社を出発したのが前日の午後4時でしたので、あれから既に24時間が経過しています。
ホテルは空港の目の前で、チェックイン後間もなく、ギリシャ大使館一等書記官のマリオスさんが、迎えに来てくれました。
マリオスさんにエスコートしていただき、日本からの参加3社で見本市の会場を見学しました。
夜はファッションショーとパーティにもお招きいただき、現地時間の深夜12時、意識朦朧の状態でホテルに戻り、ベッドに倒れ込みました。

「世界は広い。タフでなければ通用しない。」
自らのひ弱さを痛感した一日でした。

アテネのお話の続きは、次回以降ご案内させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイ・イエングアンさんリサイタルへ

国立毛皮工房バイヤーです。

1カ月以上前になりますが、久しぶりの休日を利用し、クラッシックソプラノ歌手サイ・イエングアンさんのリサイタルに行ってきました。

国立毛皮工房

会場は横浜みなとみらいホールの小ホール。
早めに到着したつもりでしたが、既に長蛇の列。開場と同時に440人定員のホールはすぐに満席になりました。

彼女は、中国大連出身のコロラトゥーラソプラノの世界的なアーティストです。1984年の国連「地球環境を守る日」に国連地球環境キャンペーンソング「愛する小鳥よ」を8万人の観客の前で演じたことで一躍有名になりました。
オペラ「魔笛」の女王役では他の追随を許さない第一人者として国際的な評価を得ています。
日本との関係も深く、小澤征爾氏ら国内の著名な音楽家とも共演されたほか、1992年には東京藝術大学の平山郁夫学長から招かれ同大の客員研究員にもなられました。NHKの番組にもご出演されていますのでご存知の方も多いと思います。

今回のプログラムには、中国語、英語の他、日本語の曲も含まれましたが、綺麗な日本語に感動し、オーバーかもしれませんが、日本語の美しさを再認識することが出来ました。特に「カ」行の正確で力強く、しかも透き通った発音は素晴らしく、思わず目を瞑ってしまいました。最後のプログラムは、世界一級と評価されている彼女の十八番の一つ、プッチーニの「トゥーランドット」。圧巻の一言でした。彼女は新しい言語の曲を歌う前に、大学教授などネイティブの専門家の教えを乞い、徹底的に正確な発音を学ぶのだそうです。類まれな才能は勿論、そうした人知れぬ努力の結晶があの歌声で、その歌声を聴いた人は誰もが感動してしまうのでしょう。

リサイタルのテーマは「もう一度、綺麗な夜空を見たい」。

アンコールに応えた後、彼女は「国連のテーマ曲を歌わせてもらってから30年が経つが、中国などでは環境を守るどころか、著しく悪化している。地球で暮らす一人の人間として、また一人の音楽家として皆さんとともに環境保護を訴えていきたい」と観客に呼びかけました。
私は、音楽は勿論、絵画など芸術全般について全くの素人です。それでも機会があれば、今回のようなリサイタルに行くこともありますし、美術館にも行きます。何も解らないながら、綺麗なものが好きなのかもしれません。

私が暮らす国立は、駅前でも夜空は綺麗です。都内よりも心なしか空気も澄んでいる様に感じます。この環境に感謝しつつ、風呂上がりにバルコニーで「カキクケコ」。50年間、日本人をしておりますが、何度発声してみてもサイさんの様な綺麗な「日本語」が発声できません。
一流のプロと素人の間には、キャリアでは埋めることのできない歴然とした差があります。

新緑の国立に是非♪

こんにちは。国立毛皮工房スタッフです。

国立駅からまっすぐ伸びる大学通り。
先日までは豪華絢爛に桜が咲き誇り、沢山のご家族連れや、スマートフォンを片手に桜のベストショトを狙う方々で大賑わいでした♪

季節は移り、今は新緑の清々しさが国立を包んでおります。
そんな気持ちの良い季節にピッタリな素敵なお店が、弊社が入店しておりますビルの1階にnew openされました!

『WINE&BAR イオンリカー国立店』さんです。
ウッドデッキでワインと軽食が楽しめるそうです。

国立散策の際に立ち寄りたいお店が増えて嬉しいです♪

*****

これからも毛皮のこと、国立の素敵なお店のこと、などなど、
ご紹介して参りますので、お付き合いくださいましたら幸いです。